ホーム>企業情報>会社沿革

会社沿革

1918年4月 (大正7年)

広島市土手町(現広島市南区松川町)にて個人経営として一般機械製造及び発動機修理など創業

1922年10月

機械の重要部品である歯車の鋳放を一掃するため歯切機械を新設し、歯切加工・歯車製作開始

1933年10月

広島市上天満町(現広島市西区上天満町)に工場建設
減速機及び工作機械(80吋ホブ盤、8尺強力旋盤)の製作開始

1939年1月 (昭和14年)

組織変更で株式会社阿部鉄工所を設立し、上天満町に工場統合
呉海軍工廠造機部の軍需品製作に従事

1941年8月

広海軍工廠造機部監督工場となり、各種冷却器・揚鋲器製作に従事

1943年7月

海軍艦政本部の監督指定工場となり工作機械の製作に従事
呉・広・佐世保・舞鶴・横須賀各海軍工廠へ納入

1945年8月

7月より芸備線沿線に工場疎開中、8月6日原爆により工場焼失

1946年8月

3月より疎開機械を復帰し、8月より一部業務再開
平和産業諸機械の修理及び歯車製作に従事

1947年9月

中国電力より発電所用機械器具の部品製作に従事

1948年10月

紡績機械の歯車製作に従事

1949年3月

鉱山機械の歯車製作に従事

1950年1月

製鉄機械の部品及び減速機の製作開始

1950年3月

船舶機械の製作に従事
製鉄機械用減速機の製作開始

1964年5月

運搬機用減速機の製作開始

1969年4月

広島市西区中広町に工場建設

1974年12月

広島市西区上天満町に歯車研削工場建設

1980年5月

広島市西区商工センターに組立、機械工場建設、本社及び中広工場移転

1982年1月

広島市西区商工センターに歯車工場建設、上天満工場移転し、商工センターに工場統合

1984年3月

空気予熱機用減速機の製作開始

1984年8月

樹脂機械用減速機の製作開始

1985年6月

製鉄機械用減速機及び歯車の輸出開始

1987年1月

コンピュータソフト製作の関連会社アコー(株)を設立

1987年10月

リフト用減速機の製作開始

1991年7月

製鉄機械の製作開始(減速機以外のライン一式)

1999年11月

ゴム機械用減速機の製作開始

2000年7月

ISO9001取得

2004年3月

社名を株式会社アベックスに変更

2007年11月

小型歯車製作の(株)二上工作所を関連会社化

2011年2月

アコー(株)を吸収合併により統合

PAGE TOP