ホーム>減速機ができるまで>設計

減速機ができるまで

設計

当社は減速機メーカーであり、9割以上が自社設計です。特に樹脂機械、製鉄機械、運搬機械等の減速機を多数手がけており、その設計ノウハウも豊富です。
これらのノウハウと、3次元CAD及び解析などの最新技術を活用することで、より付加価値の高い減速機の設計を目指しています。品質の安定と設計業務の効率改善を目的にDR(Design Review)を軸としたFront Loadingにも力を入れています。

写真左:DR風景

写真右:設計者による製品の確認

減速機ケーシングの応力解析および解析結果 (3次元モデル)

私たちが「設計」を担当しています。

部署 氏名 (20xx年入社)

自己紹介文

私たちが「設計」を担当しています。

設計部 平岩 真悟 (2019年入社)

設計部ではお客様から提示された仕様を元に図面作成し、製作展開をする部署です。近年では三次元CADによる設計・解析も導入され、今まで以上にお客様に満足して頂ける製品を提供すべく日々努力を積み重ねています。日々の業務の中で、様々な用途の製品の設計に携わることができ、大きなやりがいを感じています。

設計部 山崎 信司 (2015年入社)

設計の仕事はただ図面を描くだけではなく、お客様と製品の仕様について話をしたり、メールでやり取りをしたりします。
その為、製品に関する知識も必要ですが、コミュニケーション能力が大切だと感じています。お客様に喜んで頂ける製品を設計できるように、頑張りたいです。

PAGE TOP