ホーム>減速機ができるまで>歯車研削

減速機ができるまで

歯車研削

歯車研削工程では歯車の歯面を仕上げます。
歯車の精度を決める重要な工程で、μmの単位で精度管理をします。
大型の歯車成形研削盤を導入し、精度、生産効率共に大幅に向上しました。

グリーソンファウター社(ドイツ)製 歯車成形研削盤P2400G、歯車外径2800mm、モジュール30

ヘフラー社(ドイツ)製 歯車成形研削盤RAPID1500、歯車外径1500mm、モジュール30

私たちが「歯車研削」を担当しています。

部署 氏名 (20xx年入社)

自己紹介文

私たちが「歯車研削」を担当しています。

製造部ギヤ2課 宮崎 慎也 (2011年入社)

アベックスでは4台の成形研削盤を所持しており、お客様の要望にも迅速に対応します。最新の成形研削盤を取り入れており、オペレーターも日々スキルアップに励んでいます。大型の製品が多く作業は大変ですが、お客様に喜んで頂けるよう頑張ります。

製造部ギヤ2課 大鶴 力哉 (2015年入社)

多種多様な製品を歯車研削盤で加工を行っています。仕上げ加工ということで数μmの高い精度が求められます。そして実際に精度内で加工できた際にとてもやりがいを感じます。現在はオールマイティに仕事を熟せるよう、歯車研削盤以外にもホブ盤や面取りロボット等、課内で扱う全ての機械を操作できるようスキルアップに励んでいます。

PAGE TOP