ホーム>取扱説明書>運転中の注意

取扱説明書

5.運転中の注意

警告

●内部点検用カバーは、運転中には取り外さないで下さい。
高温の潤滑油が飛散し、火傷の恐れがあります。

(1)運転中は次の点に注意して下さい。

a) 歯車又は軸受けの音・振動は正常か。
b) 軸受け部の温度は適正か。

(2)以下の様な状態が発生した時は運転を中止し、各部の点検を行って下さい。

a) 歯車又は軸受けの振動・騒音が急激に大きくなった時。
b) 軸受け部の温度は適正か。
軸受け部の温度が高くても一定していれば異常では有りません。
しかし、それが 75℃ 以上になった場合は点検の必要が有ります。
c) 油漏れがひどい時。

|

PAGE TOP